とんぼ玉作家 礒野昭子(いそのあきこ)のホームページ

桜の枝

 3.0x2.0x2.0 cm

ひとこと

一面の花に誘われて枝の下に入ると太い主幹にも小さな花の房がゆれています。花そのもの以上に幹の古木らしいタッチ、蕾の表現、ガクのたちあがりにこだわりました。金属のような光沢を持つ甲蟲もついています。