とんぼ玉作家 礒野昭子(いそのあきこ)のホームページ

本を見るように礒野昭子の世界を楽しんでください。

 

お知らせ

今月の Glass2hオークションは、26日(月)です。

弘法さん出店終了のお知らせ(けろけろ。4月3日

ただいま、スタヂオiCo展にて「礒野昭子作品図録2020」販売中

本日、湿気たっぷりナリ

デンデンムシが言いました。
「今日は湿気たっぷり、ぼくのお出かけどき、ご飯どき」
小さなキノコが言いました。
「今日は湿気たっぷり、ぼくのはえどき、胞子どき」

発光キノコであるシイノトモシビタケを探して、スダジイを見てまわると、よく出逢うのはキセルガイという細長い殻をもつデンデンムシ。
ほとんど殻の中にこもってはいるのだけれど、湿気たっぷりの時にはゆっくりゆっくり出てきます。
シイノトモシビタケもおんなじ。
ほとんど朽ち木の中に居るのだけれど、湿気たっぷりの時にはポコンポコンと出てきます。

ところでご存知でしょうか?キセルガイって10年以上の寿命があるんですって!

撮影に使ったのは10年前に「自分を鍛える企画」で創った子。
表面にキセルガイがはり付いた玉の中にはシイノトモシビタケが3本生えています。
こうやって、朽ち木(サルノコシカケ付き)にのせて撮ると見た目がなじんでしまって、ガラスのキノコはど〜こだ?状態。
ちゃんとみつけてもらえたでしょうか?(7/1)

スタヂオi にて連載中

【メコタマくん】

更新履歴